忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/21 17:09 】 |
ホームページ作成多磨 資金不足で募金キャンペーンも
米国の分担金拠出停止で資金不足に陥っている国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)が、資金捻出に苦慮している。緊急の早期退職制度導入や節電努力に加え、世界遺産の登録審査など重要プログラム以外はすべて削減の対象に。約50年ぶりの大規模な募金キャンペーンも始めた。

 ユネスコは10月31日の総会でパレスチナの正式加盟を賛成多数で可決。これを受け、予算の22%を占める最大の分担金拠出国だった米国が国内法の規定などを理由に拠出停止を決定した。

 このため11月末までに米国から振り込まれる予定だった6500万ドル(約50億円)が届かず、資金不足に陥ったユネスコは、世界遺産関連や識字率向上、男女平等社会の推進など「優先プログラム」以外はすべて削減対象とし、職員の新規採用の事実上の中止や年内の出張禁止、臨時職員の契約延長停止なども決めた。職員には節電や節水を命じ、11月25日には早期退職者の募集も開始した。フォード広報部長は「事態は深刻で基幹事業を除いて削れるものはすべて削る」と語る。

 一方で、各加盟国に金銭支援を呼びかけているほか、個人も対象とする異例のインターネットでの募金活動を開始した。普段は英仏など国連公用6言語で表示するサイトに、募金を期待して日本語とドイツ語も加えた特設コーナーを作成。広報担当者によると「これだけ大規模な募金活動は1959年(エジプト政府によるアスワンハイダム建設に伴うヌビア遺跡救済キャンペーン)以来」という。
ホームページ作成株式会社杉山システム
 ボコバ事務局長はホームページ上で、ユネスコの多方面での存在意義を力説しながら「ユネスコの活動は米国の核心的な価値に合致するはずだ」と米国に秋波を送っているが、資金拠出再開のめどは立っていない。
PR
【2011/12/03 13:38 】 | ホームページ作成多磨 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ホームページ作成多磨 レッドブルとフェラーリ、FOTAから脱退へ | ホーム | ホームページ作成多磨 オリンパス上場廃止消えていない 株主損害賠償で債務超過の可能性>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>